Lil wayneの専属タトゥーアーティスト

こんにちは最近落語にハマっているA.C.Hです。

海外に住んでいると日本が恋しくなって日本を改めて好きになるのはあるある。

帰国したら寄席と温泉に浸かりたい。

おーいお茶とコンビニで買ったおにぎりを手に新幹線から富士山を眺めるのも自分が考える日本。

 

f:id:ACHAYATO:20170123135451p:plain

 

今回は自分が世界一リスペクトしてインスパイアを受けているLiving Legend Rapper "Lil Wayne"。この人なく今の自分は存在しません。

頭に星を乗せた人との揉め事などでここ数年少し勢いを落としつつありますが、いまだに信者の多いTunechi。

全身を覆うタトゥーに憧れている人も多いはず。なんと300ものタトゥーをいれた専属のタトゥーアーティストがいるのです。

Dow Hokoana 

f:id:ACHAYATO:20170123132524p:plain

 

彼女が専属のタトゥーアーティスト。

正直な感想「こんなおばさんがやってたんだ」と意外な感じですよね。

 

出会い

Dowはオレゴンで動物管理員として働いていたのだが2007年に昔からの夢であったタトゥーアーティストにシフトしマイアミにお店を構えます。

Tunechiのタトゥーをいくつか彫っていたDuelが彼女の作品をみてTunechiに勧めました。そして条件に全て当てはまるということでTunechiが便りもなくいきなりお店に出向きます。

条件というのは

1.専属となり彼と常に世界を回れること

2.全身にタトゥーが入るまでやってくれること

3.女性であること(全身にいれるので、、、)

 

お店を出てlil wayneのスタジオへ。彼はこんなのを彫ってほしいと要求しその日から7年で300ほどのタトゥーを全身に入れている。

契約した時に「もし目覚めてから私を見かけなかったら電話して」と言ったという。パイプのように太い関係性だである。彼女でも言わないようなことを。。

 

敬意

Lil wayneは人として出来ていて周りにうまく気を使える尊敬に値する人だと語っています。彼女はラップを聴くようなタイプではなくグループの中でも迷える子羊のように見えていた。しかしだからといって嫌うことなく彼女を信頼しどんなところにも連れていった。

 

タトゥー

全身を覆うタトゥーのインスピレーションはどこから来ているかとても気になるところだが、どうやらその場で気にいったものを入れているようだ。

ある時いきなりこれを彫って欲しいと指を差したその先にはDowの娘さんの絵本。この稲妻がいいの?と絵本に描かれていた稲妻をそのまま入れて欲しいという。私がもっとカッコ良くカスタマイズできるよと提案しても彼はそのままの電球がいいようで、そこにヒップホップらしさがあるのかもしれない。

 

f:id:ACHAYATO:20170123132424j:plain

 

全身とはどこまで入っているのか。ほんとに全身入っていて下半身はもううまっているようだ。